カーテン

材料
 未晒天竺など無地系の布
 (カーテン丈+20cm)×(窓幅×1.5/布巾)
  写真でだいたい1.5倍ヒダ
 カーテンテープ
  7.5cm幅のものを使用
 3本足のカーテンフック
  1間で14本程度
 持っているプリンターに合った
  アイロンプリントシート 写真で6枚使用

 手抜きをする時は無印良品とかで生成りの
カーテンを探してくればOK

作り方
 アイロンシートの付きをよくする為に一度水通しをします。(よ〜は1回洗濯)
 カーテン丈+20cmに切った布を接ぎ合わせ、両脇を3つ折りにして縫い、上部2cm折りカーテンテープを縫い付けます。テープの上下、裏表を間違えないように、穴を確かめて!!次は裾上げ、残りを3つ折りして良い感じ。
 そして、溜め込んだイラストをアイロンプリント。アイロンシートはA4サイズなので、A4いっぱいに絵を詰め込んで、鏡像プリント。大きい絵、小さい絵いろいろ組み合わせれば、いっぱい詰まります。たまにはアクセントとしてA4サイズの大きい絵があってもいいかも?
アルプスなんかは、用紙設定をアイロンプリントにすると自動に鏡像になりますが、ならない場合はプリントする前に反転しないと、フロの模様や字が逆になっちゃいます。

←こんな感じに詰め込んで
 あとは、自由にペタペタ、アイロンプリント

生地が薄くて寒い、透けちゃうって場合は、カーテンの裏に簡単に付けることのできる遮光カーテンがあるので、買ってきて付ければ2重カーテンの出来上がり。
たいていのカーテン売場で扱ってます。通販でもよく見かけるよ。
タッセルは柄物のハギレでネコをつくり、色の濃いハギレでリボンを作りました。そのリボンの両端にマジックテープ、ネコを縫い付けた裏にブローチ用のピンを付けました。
パソコンとプリンターがあれば、簡単につくれます。
応用すれば、Tシャツや通学袋も..
だからって大量生産してバザーに出したり...ってのは
版権を侵害することになります。
良識の範囲内で